左側の背中が痛い時は、次のような病気が考えられます。 ・心臓の疾患 ・胃の疾患 ・膵臓の疾患 狭心症や心筋梗塞といった心臓の病気になった場合、背中の左側に痛みを感じます。 狭心症の主な症状は、左側の背中の痛み、動悸や息切れ、頭痛、嘔吐、吐き気、呼吸困難、不整脈といったものです。 心筋梗塞は、左側の背中の痛みと胸の前部の圧迫感が主な症状になります。 また、胃炎や胃潰瘍、胃ガンといった胃の病気も、背中の左側の痛みをもたらすことがあるでしょう。 これらの病気の場合、左側の背中の痛み、胸焼け、吐き気、嘔吐、吐血といった症状が現われます。 それに、膵炎や膵臓ガンといった膵臓の病気が原因の場合もあります。 左側の背中の痛みと、黄疸や吐き気、嘔吐、便秘といった症状が現れた場合は、膵炎や膵臓ガンの可能性を疑ってみてください。 このように、背中の左側に痛みを感じた場合、何かしらの病気によって引き起こされているかもしれません。 背中の左側の痛みとは別に、先ほどご紹介した症状が現れた場合は、病院で検査された方が良いでしょう。